Web屋のーりー

ウェブ作ったり、デザインしたり、広告についてかんがえるブログ。

powered by 36℃社

  • twitter
  • Facebook
  • Linked in
  • RSS

初心者さん向け情報の詰まった記事です。デザインのイロハをご紹介

かわいいデザイン・優れたデザイン、広告、コピーライティング

その他のお役立ち情報、たまにおもしろ情報も?

なかなか参考になるかもしれないウェブデザイン関連の本、10冊。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

「ウェブデザインの知識や技術の大半は、ネット上だけで検索できるし」って思っている方。
そんな方に、私は声を大にして言いたい。
「そんなこと、ない! 本には、いい情報が詰まってるんだ」って。

というわけで、私が読んだことのある本のなかから、すごく役に立った本を10冊、厳選しました。
また、ディレクション・デザイン・コーディングのそれぞれジャンル別に分けています。やみくもに購入するより、必要になったタイミングで買うのがおすすめです。
ぜひ、手にとってみたり、Amazonのお気に入りリストに突っ込んだりしてみてくださいね。

もくじ

企画やご提案のときに。ディレクションで役立つ本

答えのない無間地獄、それがディレクション(ハマったときは地獄、って意味ですよ。普段から地獄なわけがないじゃないですかー)。
それでも、ここで紹介した本を参考にすれば少しは答えが見えてくる!・・・かもしれない。

ウェブデザインコーディネートカタログ

まずは、ウェブデザインをたくさん見たいときに役立つこの本。テーマごとにサイトが選ばれていて、ポイントまで載っています。
「あれ、これってデザインするときに読めばいいんじゃないの?」って声が聞こえてきそうですが、むしろディレクターさんほど、こういった本を見てください。
サイトを作るいちばん最初の段階って、いろんなサイトを見ることだと思うんですよね。普段からサイトをひたすら見ているデザイナーさんじゃない場合、むやみに業種名とかで検索し続けるよりは、この本を上手に活用するほうがずっとゴールに近くなります。
クライアントさんにお見せする資料としても、デザイナーとやりとりする前提知識としても、役立つこと間違いないです。
ちなみに、お友だちの黒野さんも執筆陣の一人だったりします。

  • デザインを見てるだけで楽しくなる度数:★★★★★
  • 対象:ディレクターさん、新人デザイナーさんなど

WEBデザインメソッド 伝わるコンテンツのための理論と実践

いろいろ知識が載っているのが、こちらの本。なんというかウェブデザインの「幕の内弁当」みたいな本です。
デザインとかディレクションとか。この本で全体をつかんで、もっと深い知識を得ていくのがいいですね。
ある程度、業界歴が長い人にはいらない本かもしれないんですけど、業界歴が2年未満の人だったら買ってみていいかもです。

  • 幕の内弁当度数:★★★★☆
  • 対象:ウェブ業界新人さんなど

プレゼンのトリセツ Web・広告デザイナーが知っている現場のルール

「プレゼンしてください」と急に言われたとき、社内でそのノウハウがないと、もうてんやわんや。
そんなときのための、こちらの本。
プレゼンだけでなく、その前後の流れや業界のしくみ、気をつけたいことがわかります。契約書や各種書類の書き方なども載っているので、かゆいところに手が届く内容です。業界に入って間もない方にちょうどいいですね。

  • プレゼンの気が楽になる度数:★★★★☆
  • 対象:プレゼン初心者さんなど

プレゼンテーションzen デザイン

『プレゼンのトリセツ』が全体の話なら、こちらは具体的にプレゼンのスライドを作るときに参考になります。
どういったデザインで資料を作ればいいのか? というお話。なので、むしろデザイン全般の勉強にもつながる本です。
この本とは別に、『プレゼンテーションzen』という本もあって、そちらのほうが先に書かれた本なので、どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。

  • シンプル度数:★★★★★
  • 対象:新人デザイナーさん、ディレクターさんなど

さあサイトを作ろう、そのときに。デザインで役立つ本

デザイナーになるには、長い経験と知識が必要です。
でも、それを1ミリでも、一日分でも短縮するためにも、良い本から知識を吸収しましょう。

フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

フォントデザイナーである著者さんが解説する、タイポグラフィの本です。入門書というよりも、もう少し読み物に近いので気軽に読めます。
「フォントに、『これは使っちゃダメ』みたいなのはない」といったことを言ってらしていて、私は励まされたというか、「どうしよう、って不安な気持ちで選ばなくていいんだ」と目からうろこでした。
もちろん、フォントを選ぶときには文脈やイメージに合ったものを選びたいのですが、フォントを選んだ理由に「このフォントが使われてきた歴史」などの背景が加わるともっといいですよね。そのためのきっかけになる本です。

  • フォントマニアの世界へようこそ度数:★★★★☆
  • 対象:新人デザイナーさん、ディレクターさんなど

配色&カラーデザイン ~プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック~

色を解説している本は数あれど、色+具体的なデザインまで載っている本となると、数が絞られます。特にこの本は、ウェブサイトのデザインから、そのサイトのカラースキームが紹介されていて、ジャンル別にわかれているので便利。
もちろん、色の原則や解説も載っています。
「色数を少なくして、ベースカラー、キーカラー、サブカラーを使え、ってのはわかってるけど、じゃあどうするんだよ!?」とお困りの方、もう少しデザインの実力をアップさせたい方にぴったりです。

  • 色々度数:★★★★★
  • 対象:デザイナー中級者さんなど

奇蹟のPhotoshop “ハイクオリティな写真”をつくるプロのレタッチ術

この本、普通のPhotoshopの本じゃあないです。
通常、ウェブサイトで使うようなPhotoshopのレタッチというと、「ここに看板が写りこんじゃったから、消す」とか「昼間の写真しかないので、夜に変える」とかの、仕方なく変えるためのレタッチが多いですよね。
でも、この本だとそうじゃなくて、「誰も見たことのない絵を作る」ために、複数の画像をレタッチしていく作り方をやっています。おもしろい。
Photoshopの限界近くまで見てみたい、という方にぜひ。

ちなみに、通常の使い方の一つの、Photoshopの色調補正について基礎からやっていきたい方は、下記リンク先の記事がおすすめです。

Photoshop 色調補正ゼミナール 基礎から学ぶ写真の色調補正

  • Photoshopマスター度数:★★★★★
  • 対象:Photoshopの可能性を知りたい方など

デザインの組み方 見てわかるレイアウトの新ルール

デザインの本ってふつう、すてきなデザインがたくさん載っていたり、そのデザインを作るためにはどうするかが書いてあったりします。
ふつうは、良くないデザインには触れられていないものです。
しかし、この本では見開きに「良いデザイン」と「悪いデザイン」の両方が載っていて、「なぜ良くないのか?」と「なぜ良いのか?」がそれぞれ掲載されているんです。
プロなら、「なんとなくいい」とか言ってたら、ぶっ飛ばされますからね(笑)。

  • 「なんとなく」を使わなくなる度数:★★★★☆
  • 対象:デザイナー中級者さんなど

JSやWordPressの理解を深めたいとき。スクリプトコーディングで役立つ本

WEBデザイナーであれば、転職のときに絶対聞かれるのが「JSは書ける?」「WPは使える?」って質問でしょう。
なかなか、ストレートに答えにくい方も多いのではないでしょうか・・・(笑)
「できます!」と胸を張って言えないとしても、せめて「たしなむ程度には」くらいは言いたいものですよね。そんな方のための、JSとWPの本をそれぞれ1冊ずつ選んでみました。

ノンプログラマのための JavaScriptはじめの一歩

今までのプログラム入門本というと、まず用語解説からはじまって、徐々にサンプルコードが長くなっていくような作りでした。
一方でこの本だと、サンプルコードは1つだけです。スライドショーのサンプルコードとなっていて、その中を解説していくことで、変数や関数などをすこしずつ理解していける作りになっています。
特に感動したのが、各章のサンプルコードの図が「ここまではやった部分」「ここはまだやってないので、わからなくていい部分」とわけられて書かれているので、こんだけでいいんだ! と、ちょっと気持ちが軽くなったところです。

  • 脱JS初心者度数:★★★★☆
  • 対象:jQueryは使える制作者さん、いままでJSに挫折してきた方など

WordPressをちゃんと使うための教科書

こちら、題名の「ちゃんと使う」って部分が落とし込まれている本です。
他のWordPress本だと、「とりあえずループさせてみましょう」とか「まずはテンプレートとテーマってのがあって、作ってみましょう」となります。
もちろんそれが悪いわけではないのですが、この本だと、「そもそもCMSってどうなっているの?」「PHPって?」みたいな部分からちゃーんと解説されているところがすごい。
今までWordPressに挫折していた人の何割かは、この本が救ってくれるはずです!

  • 「ちゃんと」使えるようになる度数:★★★★★
  • 対象:WordPress初心者~中級者さんなど

以上、私がいままでに読んで役に立った本、10冊の紹介でした。
勉強のための本って、なかなか読書スピードが上がらないんですよね。たぶんこれは世界共通の悩みでしょう(笑)。
また良い本を読み終わったら紹介していきたいところです。

コメントする

ページの先頭に戻る